賃貸オフィスでも退去時には原状復帰が必須となる

男の人

トラブルにならないために

住宅

賃貸を借りた人が契約が終了した時に貸した人に明け渡す際、借りた当初の状態に戻さなければいけない義務のこのと現状復帰といいます。現状復帰は貸した側と借りた側でトラブルになりやすく、特にオフィスの賃貸の場合は問題が大きくなりやすいので注意が必要です。

Read More..

賃貸物件を返すなら

ヘルメットの作業員

手続きが必要です

賃貸オフィスを契約している企業は非常に多くあります。賃貸オフィスを借りるメリットには様々なものがありますが、人数の増減などによって引っ越しをすることが出来るというのは、賃貸オフィスの大きな魅力の一つと言えます。また、賃貸オフィスであれば、固定資産税などもかかりませんので、毎月の家賃だけを考えればよいというのも魅力と言えるでしょう。賃貸オフィスを借りる際には、契約をする必要があります。その際には、契約期間や賃料、保証金など様々な手続きを行なう事になります。そして、最終的には契約書にお互いが納得した上で、サインをして契約完了となるのです。ですから、様々な交渉をするのであれば、契約書にサインをする前に行なうようにしましょう。

退去する際のポイント

賃貸オフィスを退去する際には、必ずと言っていいほど原状復帰をしてから借主に返す必要があります。原状復帰とは借りたときの状態のように、キレイな状態にするという事です。原状復帰には色々な方法があります。自分達でしっかりと清掃を行って原状復帰を行なう方法や、専門の業者に依頼して原状復帰を行ってもらう方法など様々です。自分達で原状復帰を行なう事も決、狭いスペースであればそれほど難しくありませんが、見落としなどを考えると、やはり専門の業者に依頼するのが間違いない方法と言えるでしょう。原状復帰はほとんどの物件で行なわなければなりません。ですから、賃貸オフィスなどは出来るだけキレイに使用しておけば、原状復帰の手間も省く事が出来ます。