賃貸オフィスでも退去時には原状復帰が必須となる

レディー

トラブルにならないために

住宅

業者を間にはさむ

賃貸を借りていた人が契約が終了をして貸していた人に明け渡す時、借りた当初の状態に戻さなければいけない義務のことを現状復帰といいます。この時に悩むのが現状復帰の現状"が何をさすのかということだと思います。これは『貸借人の住居・使用により発生した建物価値の減少のうち、貸借人の故意・過失・善管注意義務違反・その他通常の使用を超えるような使用による損耗または毀損』と定義されています。この現状復帰は当人どうしで話し合いをすると金銭トラブルに発展してしまう可能性が非常に高いです。そのため不動産管理や建築工事に詳しい業者を間にはさみ、第三者の視点から公平公正に査定や見積をしてもらうと比較的スムーズに処理をすることができます。"

オフィスの場合

オフィスの賃貸における現状復帰は入居した側が考える現状復帰の範囲とビルオーナーが考える現状復帰の範囲が違っていることがあり、問題やトラブルに発展してしまうことが多いので特に注意が必要です。時間がたてば当然ビルは劣化します。オフィスについても内装は痛んできますし、壁紙がはがれたり、空調設備が故障したりとさまざまな状態変化が発生します。これらのうちどこまでを借りた側が負担し、どこまでを貸した側が負担するかの線引きが非常に難しいのです。このような線引を会社だけが行なうのは困難だとされています。そのため、現状復帰は業者に任せてもいいでしょう。プロの観点から、依頼者の要望に従って修復する箇所の選定を行ないます。